ジャンパー

ジャンパーはオシャレにも温度調整にも重宝

コーディネイトに困った時に、シャツやニットの上から羽織るだけで様になるジャンパーは男性も女性も、性別問わず大変重宝するファッションアイテムです。また、冬の終わりから春先にかけての気候の変わり目になる時期は、ダウンやウールのコートでは暑く、しかしニットだけでは肌寒さを感じるという、温度調整には難しいシーズンですが、ジャンパーであれば、厚手のコートに比べて、暑くて脱いだ際の持ち運びも比較的楽な上に、寒さを感じた場合にはすぐに着られるため、非常に便利です。
また、コートよりも短めのジャンパーは、女性であればパンツスタイルにもスカートのコーデにも合わせやすい上に、流行に関係なく、気軽に着ることが出来るのが嬉しいところです。
更にジャンパーは、素材やデザインも非常に多種多様であることも魅力の一つです。中でも、革を素材としたジャンパー、通称『革ジャン』は、昔も今も愛され続けているファッションの一つです。
革ジャンは、最近巷でもブームを呼んでいる『甘辛コーデ』にも大活躍なファッションアイテムで、女性らしいフェミニンなワンピースやスカートスタイルの上に合わせると、ボーイッシュさが程良くプラスされて、かっこ良く着こなせ、オシャレになれます。ジャンパーは効率良く温度調整が出来るアイテムだけではなく、オシャレの面でも1着は必ず持って置きたいファッションアイテムの一つです。

世代が問わず愛されるジャンパー

休日にはお洒落して出かけたいもの。その際には、ダウンコートやジャケットを着るのはもってこいです。ですが、仕事で着るには、お洒落さが重視の仕事なら別ですが、ジャンパーで、動きやすさやお手頃な価格、でもデザインにもこだわりたいものですよね。某有名店舗で販売しているジャンパーが私はすごく気に入っています。着ているのかと思わせるぐらい軽く、身動きのとれやすい、仕事用にベストなジャンパーです。軽さと温かさを兼ね備えていて、なおかつ価格もお手頃。
色も豊富で、自分に合ったカラーをお選び出来ます。ジャンパーと言うと、少しお洒落とはかけ離れたように思いますが、着用しても着太りせず、すらっとしたシルエットが保てます。ほとんどの方が、仕事をしている時間の方が多いと思います。そんな時に着用出来る一枚を持っていてもいいかと思います。もしくは、ちょっと買い物に行く程度でも、気軽に着られるのがジャンパーかなと思います。
私は、2人の子どもがいますが、ジャンパーは1人一着ずつ持っています。公園で遊ぶ機会が多く、動きやすく、汚れにも強いジャンパーは欠かせません。昔は、ジャンパーはお父さん世代が着る物だからダサい!と私自身思っていましたが、今やカジュアルに着こなせる、なくてはならないアイテムです。

イベントでお揃いのジャンパー

サークルや部活動をしていると、色々なイベントがありますよね。文化祭などのイベントで、お揃いで作るものといえば、Tシャツが定番かと思います。でもイベントがあるのって春や秋…過ごしやすいんだけど、ずっと屋外にいると寒くなってくるのですよね。そうして上着を着ると、せっかく作ったTシャツが隠れちゃったりします…そこでおすすめなのがお揃いのジャンパーです。
「上着を文字入れして作ってもらうのって高いじゃないの?」という心配があると思います以外とお手頃なお値段で作れちゃうのです。安いところだと1着1500円未満でオーダーできるので、イベントごとに新しく作れちゃうのです!たとえばサークルだと…サークル名だけ入っているジャンパーをたくさん作っておけば…お花見や秋のバーベキューで配ることもできますし、新歓でキャンペーンとして希望者にプレゼント!なんてこともできます。
サークル内の大きなイベントではそのイベントの特別なデザインで作る事も出来るし、追い出しコンで上級生に感謝のメッセージを入れてプレゼント…なんていうのも素敵な思い出作りですよね。シンプルなデザインにすれば普段も使えるし、みんなでお揃いのジャンパーを着て写真を撮るのもすごくSNS映えするのでオススメです!

チームでお揃いのジャンパーを着よう!

ジャンパーといえば、防寒のために着られるものだと思われがちですが、実はユニフォーム的な側面を持っていることをご存知でしょうか。例えば、仕事で働く仲間と揃ってジャンパーを着ると、それだけで士気も上がるものです。加えて、ジャンパーは着脱が簡単な衣服ですから環境変化にも柔軟に対応でき、体を使う仕事には適していると言われています。このように、仕事などにおいてジャンパーをユニフォームのように使うのは、普通にユニフォームを着るよりも断然適しているのです。では、デザインを揃えてジャンパーを購入するのは、どのようにすれば良いのか気になる方も多いでしょう。 購入方法はいくつかあって、例えば、ジャンパーなどを扱うユニフォーム専門店で注文するか、あるいはインターネットにて注文する方法もあります。折角チームで揃えるのならデザインも自分たちで考えたいという方も多いのではないでしょうか。 上記の購入方法だと、比較的簡単に購入することが可能ですし、ロゴをプリントしたり、チーム名を書き込んだりすることができます。このように自由に自分たちの好きなロゴや名前を入れる事が出来るので、みんなで揃えたいという方には非常にオススメです。ぜひ一度検討してみてください。

人気のジャンパーを作りましょう

薄手にも関わらず、防寒機能の高いジャンパーは普段着としても仕事用としても重宝されます。アウターとしての機能性が高いジャンパーですが、その種類は実に様々です。例えば、袖口だけでもしまっているタイプやゆったり感のあるものがあったり、フードの有無などでもジャンパーのイメージは変わってきます。それでは、人気のジャンパーとはどのようなものかをご紹介します。一般的に人気の高いジャンパーはフードがついており、黒などの落ち着いたカラーのものが男女問わず人気となっています。ジャンパーをカジュアルに着こなしたい方は少し明るめのカラーを選択される傾向にあり、特に若い世代には赤やオレンジに加えてブルーなども人気があります。カジュアルな印象を抑えたい方や、どんなファッションにも合わせたい方は先程も述べましたように、黒やブラウンなどが人気です。白などは一見人気がありそうなのですが、カジュアル思考の方に好まれるジャンパーは汚れなどを警戒して、人気はやや低めの傾向です。どのジャンパーのカラーでも、フードつきは不動の人気があります。ジャンパーは軽めのアウターとして高い人気を誇っており、専門業者に依頼すれば安価でオリジナルジャンパーを製作してくれます。男女年齢問わず人気のファッションアイテムであり、一着あるだけでとても便利ですので、ぜひジャンパーを購入したい方は専門業者に気軽に相談してみてください。

Pick Up

  • バイク乗りのジャンバーといえば革ジャン

    ジャンパーには様々な種類があります。ナイロン製だったり、革だったり、多種多様です。バイクに乗る時は、革ジャンがオススメです。まずジャンパーは、ダウンジャケットと違い、体にピッタリした作りになっています。革は風を通しませんし、風圧でバタつかないです。バイクはどうしても、体が外に出ています…

    Readmore

  • ジャンパーの使いやすさ

    ダウン、ジャケット、コートなどと比べると軽く、防寒には少し遠いようなアイテムではある。しかし現在、どこもかしこも屋内に入れば暖房が効き過ぎていて、暑すぎる。また都内屋外でもそこまで寒くはなく、インナー等は軽量で薄く暖かいものが多数出ているので軽く羽織る感覚として使いやすいアイテムではないでしょ…

    Readmore

  • 私がジャンパーを着れない理由

    私は、韓国に住んでいた経験がありますが、韓国では冬になると、コートやそのほかの上着よりもジャンパーをよくきます。ジャンパーの魅力は何よりもその高い保温性と動きやすさだと思います。中に何を重ね着してもごわごわしませんし、コート等に比べてすごく軽いのもありがたいと思います。しかし、私は日本ではジャ…

    Readmore